top of page
横浜の探偵ブルーフィールドリサーチ

家出人調査日記 東北編#2

※noteではイラストも入っており読みやすいです


※個人名や地域は特定を避ける為に名称を変更しています。



東北県で始まった家出人調査。

市街地は弟子の杉原くんに任せているので、私は山田さんの自宅に向けて車を走らせていた。



家出人を探す方法は大きく分けて2通りあり、1つはデータ調査である。

これはたくさんの痕跡を残している人を探すのに非常に有効で、電話とネットさえあれば判明出来る。


2つ目は今回の様な現地調査で大体の家出人調査はこの調査方法である。


その現地調査にも様々な方法があり、

映画やドラマでおなじみの友人や同僚等、関係者等に聞き込みをしていく方法があるのだが、この方法はかなり時間=調査料金がかかってしまう。


今回は調査日数的にも予算的にもタイトなので、ここ数年で主流になった、ビラを作成し店舗等に聞き込みをしながら店の人にお渡しする方法で調査を進めていく。




車で15分程走り辺りは住宅街、ここ数年で開発された新興住宅地で似たデザインの戸建てが建ち並んでいる。


その住宅街の中にある築浅の山田宅前に車を停めて、インターフォンを鳴らした。

室内の明かりは点いているが全体的に少し重めの雰囲気が漂う。



玄関を開けてくれたのは依頼者である山田達夫さんの奥さん。


「私、ブルーフィールドリサーチ(※当時は別の探偵事務所に所属していたが、ややこしくなるのでこちらの名称を使用します)の青野と申します。所長とお話されたと思いますが改めて細かい部分のお話やご主人のお部屋を拝見させていただきます。」


「よろしくお願いします、お上がりください。」


当たり前だが、憔悴しきっている奥さん。

不安と睡眠不足だろうか、足取りも危なげだ。


リビングに通された、床には1歳くらいの男の子が布団の中で静かに寝ている。


「遠い所から来ていただきまして、ありがとうございます、、、」


「急に旦那さんがいなくなり、大変不安なお気もち、お察しいたします。

早速ですが、細かいご質問をさせていただくのでお答え下さい。

嫌な気分になる様な質問もありますが、あくまで旦那さんを探す為に必要な質問なのでご了承下さいね。」


奥さんはテーブルを見つめながら

「わかりました、、、」


いくつかの質問を終え判明した事は以下である。

・とにかく真面目で誠実な性格

・キャンプが好きで結婚前によく行っていた、また息子がもう少し大きくなったら3人で行こうと口にしていた

・不倫はしていないと思う

・鬱の原因は本人からハッキリ言ってくれなかったがおそらく会社の人間関係だと思う

・休業中はたまに呑みに出ていた※普段は呑まない

・死ぬとは明記されていないが別れを告げる書置き



「次は旦那さんの部屋を拝見しますね。」


通された達夫さんの部屋は綺麗に整頓されており、達夫さんの真面目な性格が見て取れる。



机の上に置かれているノートPCが目に入り


「こちらのPCはご家族の物ですか?」


「基本的に私は使わないので主人専用みたいなものです」


「中、見させてもらいますね。

パスワードってわかりますか?」


「はい、〇〇〇〇〇〇です」



検索履歴と閲覧履歴を確認したところ、

ある程度予想はしていたが


「苦しくない自殺方法」


「自殺前の準備」


「東北県 自殺の名所」


「自殺 おすすめ」


自殺に関する事ばかりである。

※現在は自殺方法や自殺スポット等はネット規制されているが、当時はまだ多少見れていた。



これは、奥さんには見て欲しくなかった、、、


すぐ後ろで声にならない悲鳴が聞こえる



「ちょっと失礼します、、、」

奥さんは部屋を出ていった。


さっと部屋を見渡したがゴミなどもなく※ゴミのレシート等が行き先のヒントになる場合もある

私も達夫さんの部屋を後にし、リビングに戻った。




奥さんは赤ちゃんを抱きながら声を出して泣いている。


今日はもう奥さんにこれ以上聞くのは酷だなと思い、

「色々わかったので調査に反映します。私はこれから調査に戻りますのでなにか思い出したら名刺に書いてある携帯番号にお電話下さいね。」


「お子さんの為にもお気を強くお持ちください。

では失礼します。」


玄関で見送る奥さんが私に

「いなくなった日の朝、

あの人笑顔で行ってきますって言ったんです。

戻って、来ますよね、、、、。」


「必ず見つけます。

とにかく奥様はしっかり寝て下さい、

もし奥様が倒れたりしたらお子さんが心配ですから。」


「お願い、、し、ます、、、、」




車に乗込みエンジンをかける。


スマホを取出し頭の中で情報を整理し始めた。


「自殺も視野に入れた調査に切り替えないとな、、、。」



神奈川 横浜の探偵 ブルーフィールドリサーチ

note 横浜 ブルーフィールドリサーチ https://note.com/bluefield045


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page